野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 田中将大、2試合連続で3被弾… 6点リードを守り切れず5回6失点で降板

田中将大、2試合連続で3被弾… 6点リードを守り切れず5回6失点で降板

ヤンキースの田中将大投手が27日(日本時間28日)、敵地アストロズ戦で5回を投げ、7安打5奪三振2四球で6失点を喫した。序盤に6点の援護を受けながらも2試合連続で3本塁打を浴び、同点に追いつかれて降板。5勝目を逃した。

20150616_tanaka

味方打線の援護受けるも5勝目逃す

 ヤンキースの田中将大投手が27日(日本時間28日)、敵地アストロズ戦で5回を投げ、7安打5奪三振2四球で6失点を喫した。序盤に6点の援護を受けながらも2試合連続で3本塁打を浴び、同点に追いつかれて降板。5勝目を逃した。

 前回のタイガース戦で自身初の3被弾で自己ワーストの7失点を喫した田中。3試合ぶりの白星を目指してマウンドに上がったが、今季メジャー最多の107本塁打を誇るアストロズ打線につかまった。

 ヤンキースは初回、マッキャンの満塁弾で4点を先制。2回にもヤングが2ランを放ち、直後、相手先発のオーバーホルツァーがアレックス・ロドリゲスへの危険球で退場。流れはヤンキースに傾いていた。

 しかし田中が踏ん張れない。初回は無失点で抑えたものの、2回1死から7番サンタナに左中間へ二塁打を浴び、続くカーターにも甘く入ったスプリットを左中間に弾き返され、これがタイムリー二塁打に。2死後、スプリンガーにもレフト前にタイムリーヒットを浴び、この回2失点。

 3回は初めて三者凡退に打ち取ったが、4回二死からカーターにソロ弾を浴びると、5回無死一塁からコレアにライトスタンドへ2ラン、アルテューベにレフトスタンドへソロ弾を許して一気に同点とされた。

 6点のリードを守りきれなかった田中は5回98球で降板。防御率は3・88となっている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中