野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 炎上続く田中将大に投手コーチが“事情聴取”へ 「攻撃し続けるべき」

炎上続く田中将大に投手コーチが“事情聴取”へ 「攻撃し続けるべき」

2試合連続で炎上したエースに対し、ラリー・ロスチャイルド投手コーチが“事情聴取”を行う方針を明かしているという。

20150319_tanaka2

2試合連続3被弾で6点リード守れず、「いい投球をしてもらう必要がある」

 ヤンキースの田中将大投手は27日(日本時間28日)、敵地でのアストロズ戦で5回を投げ、3本塁打を含む7安打6失点、5奪三振2四球の乱調に終わった。

 ヤンキースが9-6で勝利し、黒星こそつかなかったものの、序盤の6点リードを守りきれずに2試合連続で炎上したエースに対し、ラリー・ロスチャイルド投手コーチが“事情聴取”を行う方針を明かしているという。地元紙「ニューズデイ」が報じている。

 田中にとっては、またもや悪夢の登板となった。前回のタイガース戦では自身初の3被弾を喫し、自己ワーストタイの7失点で黒星。中5での登板となったこの日は3試合ぶりの白星を目指したが、初対戦となった今季好調のアストロズ打線に手痛い洗礼を浴びることになった。

 まさかの2試合連続3被弾。メジャー自己ワーストの自責6と、再び大量失点を喫した。

 記事によると、この乱調にもロスチャイルド投手コーチは「(怪我の)兆候は何もない。彼が健康である限り、私は心配しない。彼はローテーションの大きな役割を占めているので、いい投球をしてもらう必要がある」と日本人右腕に変わらぬ信頼を示したという。

人気記事ランキング