野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンクが盤石リレーで4連勝 貯金19で2位日本ハムと5ゲーム差

首位ソフトバンクが西武を3-1で下した。先発の武田翔が6回1失点と好投。2番手に今季先発で4勝無敗の寺原を投入し、最後は守護神サファテで締める盤石リレーで西武の反撃を許さなかった。打線は今宮、福田がタイムリーを放ち快勝。西武は3位に転落。ソフトバンクは2位に浮上した日本ハムと5ゲーム差とした。

ソフトバンク

寺原が2番手で完璧投球、打線は今宮、福田が貴重なタイムリー

 首位ソフトバンクが西武を3-1で下した。先発の武田が6回1失点と好投。2番手に今季先発で4勝無敗の寺原を投入し、最後は守護神サファテで締める盤石リレーで西武の反撃を許さなかった。打線は今宮、福田がタイムリーを放ち快勝。西武は3位に転落。ソフトバンクは2位に浮上した日本ハムと5ゲーム差とした。

 先制したのはソフトバンク。2回、先頭の李大浩がセンターへのツーベース、松田もレフト前ヒットで続き、西武の先発・牧田から無死一、三塁とチャンスを作る。

 ここで今宮がレフトへ先制タイムリー。続く高谷は投ゴロに倒れたが、福田が2死一、三塁からライトフェンス直撃のタイムリースリーベースを放ち、さらに2点を加えた。

 一方、ソフトバンクの先発・武田は3回まで2安打の好投。しかし、西武打線は2回に中村の四球や森の内野安打などで1死満塁のチャンスを作り、鬼崎がレフトへタイムリー1点を返す。しかし、岡田は一ゴロ、秋山は見逃し三振。武田が最小失点で切り抜けた。

 その後は両チーム無得点で試合が進む。ソフトバンクは7回から、今季先発で4勝を挙げている寺原を投入。好調の右腕は3番・浅村、4番・中村、5番・メヒアの強力クリーンアップを3者凡退に抑える。さらに、8回は先頭の森友哉を二ゴロに仕留めると、脇谷、鬼崎を打ち取り2イニング続けて3人で片付けた。

 9回は守護神サファテが登板。ピンチを迎えながら無失点に抑え、ソフトバンクが3-1で快勝した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング