野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンク武田がチームトップ7勝目 「少しずつ成長できている」

試合後、お立ち台に上がった武田は「西武の打線はかなり良かったので、自分なりに苦しんだ場面の方が多かったですけど、本当に野手のみなさんに助けていただいて感謝してます」と投球を振り返った。

ソフトバンク・武田翔太【写真:編集部】

粘りの投球で6回1失点、ピンチで秋山を見逃し三振「思い切って外角に真っ直ぐ投げるだけ」

 ソフトバンクの武田翔太投手が29日、東京ドームでの西武戦で6回6安打1失点と粘投し、チームトップの7勝目を挙げた。4回以降はピンチの連続だったが、最小失点で切り抜けて110球を投げ切った。3-1で勝利したソフトバンクは、2位日本ハムとのゲーム差を「5」として、独走態勢に入りつつある。

 試合後、お立ち台に上がった武田は「西武の打線はかなり良かったので、自分なりに苦しんだ場面の方が多かったですけど、本当に野手のみなさんに助けていただいて感謝してます」と投球を振り返った。

 粘りの投球でチームトップの7勝目。4回には1点を取られて2点差に迫られ、なおも1死満塁のピンチで岡田を二ゴロ。さらに、柳田とハイレベルな首位打者争いを繰り広げる秋山を打席に迎えたが、追い込んでから外角低めへの直球で見逃し三振に仕留め、最大のピンチを切り抜けた。

「本当に苦しい場面でしたし、思い切ってアウトコースに真っ直ぐ投げるだけだと思って、しっかり腕振って投げました」

 開き直って勝利をもぎ取った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中