野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島のルーキー薮田がプロ初登板初勝利 王者・巨人相手に5回2失点の力投

広島のルーキー薮田がプロ初登板初勝利 王者・巨人相手に5回2失点の力投

広島のドラフト2位ルーキー薮田和樹投手が1日、東京ドームでの巨人戦でプロ初登板初先発し、初勝利を挙げた。

20150701_aizawa

満塁のピンチ切り抜けた直後に打線が大量得点

 広島のドラフト2位ルーキー薮田和樹投手が1日、東京ドームでの巨人戦でプロ初登板初先発し、初勝利を挙げた。リーグ3連覇中の王者を相手に何度もピンチを背負いながら、5回5安打2失点の力投。打線が6回に6点を奪うなど猛攻を見せて援護し、10-3で快勝した。

 広島は初回、菊池の先制2ランが飛び出し、幸先良く薮田を援護する。

 しかし、その裏、ルーキー右腕は先頭打者の長野に大きな一発を浴びる。プロ初めてのバッターにホームランを打たれたが、その後は3人を落ち着いて抑えた。

 薮田は2回、3者凡退の好投を見せる。しかし、3回は1死二塁のピンチを背負うと、長野にタイムリツーベースを打たれてしまう。またも巨人の1番バッターに痛い一打を浴び、同点とされた。

 4回は走者を出しながら無失点に抑えた薮田だったが、5回は四球と自らのエラー、ヒットで1死満塁と大ピンチを招く。ただ、ここで阿部を直球で三邪飛、亀井はセカンドゴロに仕留めて無失点。巨人のクリーンアップを相手に粘りを見せた。

 すると、ルーキー右腕の力投に応えるように、その直後に打線が爆発。會澤が勝ち越し打、小窪がライトへのタイムリーを放ち追加点を奪う。丸もライト前ヒットで無死満塁とさらに大きなチャンス作り、杉内をマウンドから引きずり下ろした。代わった香月も攻め立て、さらに4点を追加。この回だけで6点を奪った。

 薮田は5回までで降板。広島はここから継投に入る。ヒースは2回を無失点、戸田は1回1失点でつなぎ、9回は大瀬良が締めた。打線は7回にも2点を追加し、10-3で快勝。5回2失点の力投を見せた薮田にプロ初登板初先発で初勝利がついた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング