野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 田中将大は3戦ぶりQS、降板後に黒星消えた ヤンキース劇的サヨナラ勝利

田中将大は3戦ぶりQS、降板後に黒星消えた ヤンキース劇的サヨナラ勝利

ヤンキースの田中将大投手は3日(日本時間4日)、本拠地でのレイズ戦に先発し、6回6安打3失点5奪三振1四球の粘投で勝敗はつかなかった。3試合ぶりのクオリティー・スタートとなった。

5試合ぶりに被弾なしで “一発病”は克服、テシェーラ同点3ランで黒星消え、延長12回にサヨナラ

 ヤンキースの田中将大投手は3日(日本時間4日)、本拠地でのレイズ戦に先発し、6回6安打3失点5奪三振1四球の粘投で勝敗はつかなかった。3試合ぶりのクオリティー・スタート(QS、6回以上を自責3以内)で、5試合ぶりに被本塁打なしだったが、打線の援護がなく0-3とリードを許して降板。しかし、8回にテシェーラの同点3ランが飛び出し、黒星は消えた。

 ヤンキースは延長12回に2点を勝ち越されたが、その裏にテシェーラのタイムリーで1点を返すと、マッキャン逆転3ランを放ち、7-5で劇的なサヨナラ勝ちとなった。

 田中は初回、二塁打と四球で無死一、二塁されると、主砲ロンゴリアはレフト線へのタイムリー二塁打。続くロニーにも犠牲フライを許して、いきなり2失点を喫した。

 しかし、2、3回は3者凡退と立ち直る。4回は先頭のロニーにセンター前へのヒットを浴びたが、盗塁失敗などで2アウト。デヘススには三塁への内野安打を許したものの、カブレラはスプリットで空振り三振に仕留めた。

 5回は先頭のキーマイヤーにライト線へのスリーベースを浴び、犠牲フライで1点を失った。続くサイズモアにはセンター前へのヒットを許したが、ここでも捕手のマッキャンが盗塁を阻止するなど4点目は許さなかった。

 6回も続投。先頭のロンゴリアは二塁ドリューのファインプレーで二ゴロ、ロニーは投ゴロに打ち取る。最後はフォーサイスをセンターフライに仕留めた。

 QSを達成した田中は、この回限りで降板。そのまま敗れれば自身3連敗で4敗目となるところだったが、ヤンキースは8回にテシェーラが同点3ラン。田中の黒星は消えた。チームは延長12回に2点を勝ち越されたが、テシェーラのタイムリー、マッキャンの逆転サヨナラ3ランで劇的勝利を飾った。

 田中はこの日、96球を投げてストライクは69球。ストライク率72%と高い数字だった。2試合連続で3本塁打を浴びるなど、最近4試合で8本塁打と“一発病”にも苦しんでいたが、この日は被弾はなし。復活の兆しを見せた。防御率は3.94となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中