野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 1か月半ぶり白星の巨人・杉内「連勝止めたくなかった」

1か月半ぶり白星の巨人・杉内「連勝止めたくなかった」

巨人が8日、本拠地ヤクルト戦で7-4と勝利し、首位をキープした。先発の杉内が8回途中2失点と好投し、6勝目(4敗)。前日に5割復帰を果たしたチームは6月4日のオリックス戦以来、1か月ぶりの3連勝で再び貯金生活に入った。

立岡「これでより一層チームが波に乗っていけると思う」

 巨人が8日、本拠地ヤクルト戦で7-4と勝利し、首位をキープした。先発の杉内が8回途中2失点と好投し、6勝目(4敗)。前日に5割復帰を果たしたチームは6月4日のオリックス戦以来、1か月ぶりの3連勝で再び貯金生活に入った。

 この日のお立ち台には4打数2安打2打点の活躍を見せた立岡と5月23日の中日戦以来、1か月半ぶりの白星を挙げた杉内が立った。

 3回に相川の4号ソロで先制した直後の4回には1死満塁から杉内、立岡と連続タイムリーヒット。立岡はその場面について「杉内さんがいきなりいい当たりでヒットを打ったので、勢いに乗っていこうと思って初球を狙いました」と話し、「杉内さんにまた勝ちがついて、これでより一層チームが波に乗っていけると思う」と34歳左腕の白星を喜んだ。

 一方の杉内は「チームが連勝中だったので、その連勝を止めたくないという気持ちがあった」。前日に亀井を初の4番に据える新オーダーを組んだ打線もこの日2桁安打と爆発。投打がかみ合った巨人が貯金1とした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中