野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神が8回にマシソン攻略 首位攻防戦で巨人相手に意地の1勝

阪神が8回にマシソン攻略 首位攻防戦で巨人相手に意地の1勝

阪神が12日、東京ドームで迎えた巨人戦に4-2で勝利。連敗を「2」で止め、再び首位・巨人とのゲーム差を1・5とした。

8回1死満塁に代打・狩野が決勝打、フラフラと上がった打球がセカンド後方にポトリ

 阪神が12日、東京ドームで迎えた巨人戦に4-2で勝利。連敗を「2」で止め、再び首位・巨人とのゲーム差を1・5とした。

 先制したのは阪神だった。巨人の先発・菅野を相手に福留がセンターへのタイムリーを放ち1-0。好調のベテランの一打で先取点を奪う。

 しかし、阪神先発・岩田も4回に長野にレフトスタンドへ8号ソロを浴び、1-1に。試合はそこから膠着状態に入り、再び動いたのは8回だった。

 この回から巨人のマウンドに上がったマシソンを阪神打線が捉え、1死からマートンの右中間を破る二塁打などで1死満塁とすると、打席には代打・狩野が入った。

 3球目の外角低めへのスライダーをバットを折りながらも運んだ打球はフラフラと上がり、前進守備のセカンド後方にポトリ。2-1と勝ち越しに成功し、なおも加点して4-1と巨人を突き放した。

 その裏の8回は福原、最終回は呉昇桓が1点を失いつつも締め、4-2で勝利した阪神。首位攻防3連戦の3つ目で一矢報いる形となり、借金は「1」に。再び巨人とのゲーム差を1・5とした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中