野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 打撃投手が明かす福留復調の理由 再び“手が付けられない”状態へ

打撃投手が明かす福留復調の理由 再び“手が付けられない”状態へ

近年まれに見る混戦が続くセ・リーグ。12日を終えた段階で巨人のみが貯金を持つ珍しい戦いが続いているが、その中で阪神も粘り強く2位につけている。その阪神を引っ張っているのが、好調な打撃を維持している福留孝介外野手だ。

阪神打撃投手が明かす福留復調の要因とは

 近年まれに見る混戦が続くセ・リーグ。12日を終えた段階で巨人のみが貯金を持つ珍しい戦いが続いているが、その中で阪神も粘り強く2位につけている。その阪神を引っ張っているのが、好調な打撃を維持している福留孝介外野手だ。

 一昨年に日本球界に復帰したが、度重なる負傷に苦しんだ。昨季は開幕直後に西岡と激突して負傷。後半戦に復調は見せたものの、なかなか波に乗ることができなかった。しかし今季は開幕から勝負強い打撃を見せ、交流戦後はDeNA戦で1試合2本塁打を放つなど、その打棒はさらに輝きを取り戻しつつある。

 その好調の要因はどこにあるのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏が、“ある証言”を基に福留の復調の理由を語ってくれた。

「阪神の打撃投手で多田君という人がいます。主力どころに投げる、左の投手です。継続的に投げているので、彼なら福留の復調の理由が分かると考え、先日話を聞きました。

 福留が昨季あまり調子が上がらなかった理由として、次のことを挙げていました。メジャーでスピードのあるツーシームに対応するため、わざと(バットの)ヘッドを遅らせ気味に出してきて、反対側へ打つイメージを持っていたと。しかし日本に戻ってきてからは、向こうほどボールが来ないので、ヘッドを遅らせていたことが仇となり、無理にヘッドを返すことになって凡打に繋がっていました」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中