野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス、引き分け挟んで4連勝 金子が今季初完投目前で降板も3勝目

オリックスの金子千尋投手が13日の本拠地ロッテ戦で3勝目(4敗)を挙げた。今季最長8回2/3を投げ、6安打3失点(自責2)。打線もエースを援護し、5-3で勝利した。

今季最長8回2/3を投げ6安打3失点

 オリックスの金子千尋投手が13日の本拠地ロッテ戦で3勝目(4敗)を挙げた。今季最長8回2/3を投げ、6安打3失点(自責2)。打線もエースを援護し、5-3で勝利した。

 オリックスは初回1死一、二塁の場面でT-岡田が相手先発の唐川からライトへタイムリーヒットを放ち、先制。さらにブランコのショートゴロの間に1点を追加した。さらに6回にも3点を奪い、リードを5点に広げた。

 早々と援護を受けた金子は7回までヒット2本で抑え、スコアボードに「0」ゼロを並べる。

 しかし8回、金子は味方の2失策からピンチを迎え、二死一、三塁の場面でサブローにレフトへタイムリーヒットを許して失点。9回も1死から連打を浴び、2死一、二塁から今江にタイムリーヒットを許したところで降板した。後を受けた平野佳がワイルドピッチで1点を失ったものの、リードを守り、5-3で勝利。

 オフの右肘手術の影響で出遅れた金子は今季初の完投はならなかったものの、最長の8回2/3を投げて3勝目。オリックスは引き分けを挟んで4連勝となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中