野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA、巨人撃破で2連勝 久保7勝目&山崎康が23S目

DeNAが13日、本拠地での巨人戦で7-4と勝利し、2連勝。先発の久保が6回7安打4失点で7勝目(4敗)を挙げた。

DeNAベイスターズ

初回1、2番が2者連続弾

 DeNAが13日、本拠地での巨人戦で7-4と勝利し、2連勝。先発の久保が6回7安打4失点で7勝目(4敗)を挙げた。

 初回、今季初めて1番に座った梶谷が相手先発の高木勇から右中間スタンドへ先頭打者本塁打を放つと、2番松本も同じく右中間スタンドへ2年ぶりの一発を運んだ。

 さらに2回にも2死二塁から梶谷がセンターへタイムリーヒット放つと、二盗に成功。松本もタイムリー二塁打で続き、リードを4点に広げる。

 2回まで無安打に抑えていた久保だが3回2死から高木勇に二塁打を許すと、ヒットと四球で満塁に。ここで坂本、亀井と連続でタイムリーヒットを許し、この回3失点を喫した。

 DeNAは3回に1点を追加したが、久保は6回先頭の村田に5号ソロを浴びて再び1点差となる。それでも7回にロペスのタイムリーヒットなどで2点を加点。

 久保は6回で降板し、7回からは田中、長田、エレラと継投。最後は山崎康が締め、7-4と勝利した。山崎康は呉昇桓と並びリーグトップとなる23セーブ目となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング