野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 2位の日本ハムが首位攻防戦第1R制す ソフトバンクと2・5ゲーム差に

2位の日本ハムが首位攻防戦第1R制す ソフトバンクと2・5ゲーム差に

日本ハムがソフトバンクとの首位攻防戦第1ラウンドを3-2で制した。先発・吉川が6回1失点と粘りの投球で7勝目を挙げ、打線も2つの押し出し四球などでしぶとく得点を重ねた。

日本ハム

吉川が6回1失点の粘投で7勝目、打線は2つの押し出し四球などで3得点

 日本ハムがソフトバンクとの首位攻防戦第1ラウンドを3-2で制した。先発・吉川が6回1失点と粘りの投球で7勝目を挙げ、打線も2つの押し出し四球などでしぶとく得点を重ねた。一時は首位ソフトバンクが独走態勢に入りかけたパ・リーグだが、2位日本ハムが5連勝で2・5ゲーム差に迫った。

 試合は日本ハム吉川、ソフトバンク武田が好投して2回まで両チーム無得点。ソフトバンクは3回に1死一、三塁とチャンスを作ったが、明石がショートフライ、柳田はセカンドゴロで先制点を奪えなかった。

 その裏、日本ハムは2死からヒット2本と四球で2死満塁のチャンスを作ると、中田、近藤が連続押し出し四球。2点を先制した。

 5回、ソフトバンクは細川の二塁打などで1死一、三塁とチャンスを作る。ここで明石が犠飛を放ち、1点を返した。

 その裏、日本ハムは田中、中田の連打で1死一、二塁とするも、近藤はセンターフライ。しかし、続く岡がレフトへのタイムリーを放ち、貴重な追加点を奪った。

 日本ハムは7回、吉川に代わり谷元がマウンドに上がる。しかし、2死から明石、柳田に連打を浴び、一、二塁とピンチを招く。ここで3番手クロッタが投入されたが、内川にライトへのタイムリーを浴びる。しかし、李大浩は3球三振に仕留め、1点のリードを守った。

 8回は宮西が3者凡退の快投。9回は守護神・増井が締め、接戦をモノにした。15日も日本ハムが勝てば、1・5ゲーム差とソフトバンクに肉薄して前半戦を終えることになる。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング