野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 西武・秋山が選んだのは、個人記録ではなく勝利 「まだまだ試合は続く」

西武・秋山が選んだのは、個人記録ではなく勝利 「まだまだ試合は続く」

秋山がこの試合の“ヒーロー”であることは本拠地に詰めかけた西武ファンの誰もが認めていた。

試合連続安打は「31」でストップも、最後はサヨナラにつながる四球選び「本当に勝ててよかった」

 西武の秋山翔吾外野手は14日の楽天戦で4打数無安打1四球に終わり、連続試合安打は歴代3位タイの「31」で途切れた。日本記録には「2」及ばず、球界を大いに盛り上げた挑戦は、一旦はストップ。しかし、延長10回の第5打席には1死から四球を選び、中村のサヨナラ3ランを呼び込んでチームの連敗ストップに大きく貢献した。

 試合後、中村とともにお立ち台に上がった秋山は「まずここに立っているのがよく分からないですけど、本当に勝てて良かったです」と振り返った。ただ、秋山がこの試合の“ヒーロー”であることは本拠地に詰めかけた西武ファンの誰もが認めていた。スタンドからの大歓声が、それを証明していた。

 楽天のエース則本の前に4打数無安打。西武は2-1とリードして最終回を迎え、このまま記録は途切れると誰もが思っていた。しかし、抑えの髙橋朋が1点を失い、同点に。延長10回に、秋山に5度目の打席が回ってきた。

 1死走者なし。コントロールが定まらない楽天・青山が3球続けてボールを投げると、球場は騒然となる。しかし、4球目はストライクで、5球目はスライダーに空振り。フルカウントとなった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中