野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

松田が決勝3ラン、ソフトバンク白星締め 2位日本ハムと3・5差で後半戦へ

ソフトバンクが日本ハムに7-4で勝利した。同点の7回に松田の22号3ランで勝ち越し。寺原らリリーフ陣が快投し、リードを守った。首位攻防戦第2ラウンドはきっちり取り、2位日本ハムとのゲーム差を再び「3・5」に広げて前半戦を折り返した。

full-count18

寺原ら中継ぎ陣が好投で前半戦最終戦に勝利、日本ハムの連勝は5でストップ

 ソフトバンクが日本ハムに7-4で勝利した。同点の7回に松田の22号3ランで勝ち越し。寺原らリリーフ陣が快投し、リードを守った。首位攻防戦第2ラウンドはきっちり取り、2位日本ハムとのゲーム差を再び「3・5」に広げて前半戦を折り返した。

 先制したのは日本ハムだった。初回、バンデンハークから無死二、三塁とチャンスを作ると、田中の遊ゴロを今宮が悪送球。まず1点が入った。さらに、無死一、三塁で中田がセンターへ犠牲フライ。2-0とした。

 一方、ソフトバンクも直後の2回に反撃。日本ハムの上沢から先頭の李大浩が左翼席中段へソロホームランを叩き込むと、2死二塁から今宮がレフトへタイムリーを放ち、同点に追いついた。

 その後は両チームともチャンスを作りながら、点を取ることが出来ない。

 ゲームが動いたのは5回。日本ハムは西川の四球、陽岱鋼のレフト前ヒットで無死一、三塁とチャンスを作る。続く中島卓は初球をセーフティースクイズ。好スタートを切った西川が本塁に滑り込み、勝ち越し点を奪った。

 しかし、ソフトバンクもすぐに反撃。6回、2番手・谷元から2死一、三塁とチャンスを作ると、日本ハムは3番手の石井をマウンドに送ったが、明石はレフトへのタイムリーを放ち、同点に追いついた。

 さらに7回、ソフトバンクは日本ハムの4番手・鍵谷から無死一、三塁とチャンスを作ると、松田がレフトスタンドへ値千金の勝ち越し22号3ラン。6-3とリードした。

 ソフトバンクは6回から登板した寺原が打者7人をパーフェクトに抑える快投。続く森福が近藤を中飛、五十嵐が岡を空振り三振と1人ずつを打ち取る。すると、8回には中村晃のタイムリーで1点を加えた。

 9回は守護神サファテが1点を失ったものの、7-4で勝利。ソフトバンクが首位の強さを見せつけ、前半戦を終えた。猛烈な追い上げを見せていた日本ハムの連勝は「5」で止まった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング