野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAが巨人3タテ、4連勝締めで前半戦首位ターン 村田がサヨナラ失策

DeNAは本拠地で行われた巨人との一戦を、劇的なサヨナラで3-2と制した。巨人を3タテし、チームは4連勝で前半戦首位ターン。先発の砂田が7回2失点と好投、9回表をパーフェクトリリーフした山崎康が2勝目を挙げた。巨人は痛い4連敗となった。

DeNAベイスターズ

9回2死満塁でまさかの結末、巨人は痛恨4連敗

 DeNAは本拠地で行われた巨人との一戦を、劇的なサヨナラで3-2と制した。巨人を3タテし、チームは4連勝で前半戦首位ターン。先発の砂田が7回2失点と好投、9回表をパーフェクトリリーフした山崎康が2勝目を挙げた。巨人は痛い4連敗となった。

 DeNA砂田、巨人田口、19歳同士の先発で始まった試合は、初回から動く。1回表、ツーアウトから打席には坂本。坂本は1-1からの3球目を振りぬくと、打球はレフトスタンドへ飛び込む先制のソロホームラン。巨人が幸先よく1点を先制した。

 対するDeNAも2回裏、先頭の筒香がセンター前ヒットで出塁すると、1死から宮崎がセンターオーバーのツーベースで二、三塁とチャンスを広げる。ここで松本がセカンドへ内野安打を放ち、DeNAが1-1と同点に追いつく。

 4回裏、DeNAは先頭の筒香が右ひじ付近へのデッドボールで出塁、続くロペスもレフト前ヒットで続く。宮崎はセンターフライに倒れるが、松本がセンター前ヒットで1死満塁とチャンスを広げる。ここで黒羽根がレフトへ犠牲フライを放ち、1点を勝ち越す。

 5回表、巨人は2死から村田、加藤が連続フォアボールで一、二塁のチャンスを作ると、続く相川がレフトへタイムリーヒットを放ち、2-2の同点に追いつく。

 6回裏、DeNAは巨人2番手笠原を攻める。先頭の筒香がライト前ヒットで出塁、ロペスもレフト前ヒットで無死一、三塁と勝ち越しの大きなチャンスを作る。しかし、宮崎、松本と倒れ、黒羽根の代打・後藤も空振りの三振に倒れ、試合は同点のまま終盤戦へ。

 巨人は7回表、先頭の阿部がフォアボールで出塁、代走に鈴木が送られる。続く村田もセンター前ヒットで続き、無死一、二塁。続く加藤は送りバントを試みるが小フライとなってしまい失敗に終わる。ここで笠原の代打・大田がレフト前ヒットを放つが、筒香が見事なバックホームを見せて鈴木は本塁でタッチアウト。続く中井も倒れ、巨人も最大のチャンスを逃してしまう。

 DeNAは同点の9回表に守護神・山崎康を投入。山崎はそれにパーフェクトリリーフで応える。

 その裏、巨人のマウンドには守護神・沢村が上がる。DeNAは先頭の飛雄馬がフォアボールを選び出塁すると、続く梶谷が内野安打で続き無死一、二塁とする。代打の関根が送りバントを試みるが、ピッチャー正面に行ってしまい三塁封殺。バルディリスもファーストゴロに倒れ、2死二、三塁となる。

 巨人ベンチは筒香を敬遠し、ロペスとの勝負を選択。ロペスは2球目を叩くと打球は三遊間へ。この打球を村田が捕れず、レフト前へ抜けた。最後はサヨナラ失策でDeNAが3-2の劇的なサヨナラ勝利を飾った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング