野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 新時代の4番へ ヤクルト山田は史上初の本塁打&盗塁王に輝けるか

新時代の4番へ ヤクルト山田は史上初の本塁打&盗塁王に輝けるか

この男には常識など通用しないのかもしれない。神宮球場で行われた7月10日のDeNA戦。プロ入り後初めて4番に座ったヤクルト・山田哲人内野手は、全くと言っていいほど普段と変わらなかった。

東京ヤクルト神宮

「特別変わったことはない」、“重圧”とは無縁の新4番・山田

 この男には常識など通用しないのかもしれない。神宮球場で行われた7月10日のDeNA戦。プロ入り後初めて4番に座ったヤクルト・山田哲人内野手は、全くと言っていいほど普段と変わらなかった。

 1点を追う2回には、4番打者として先頭で第1打席を迎えると、井納の高めに浮いたスライダーを鋭いスイングでとらえた。打球は左翼席中段へ消える19号同点ソロに。「いつも通り1番を打っているつもりで行きました。ランナーもいなかったですしね。特別変わったことはないです」。“重圧”とは無縁の頼もしい新4番が誕生した瞬間だった。

 東京ドームで行われた7月8日の巨人戦で、4番の畠山和洋が左内転筋を痛めて途中交代。山田はその代役という形で4番に座った。23歳の若さで大役を任されるのは、とてつもないことだ。

 ただ、チーム内では格段の驚きはなかった。抜てきした真中監督はかぶりを振る。

人気記事ランキング