野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルトがDeNA久保を2回KO 新垣が決勝打&3勝目

ヤクルトが20日、DeNA戦で相手先発の久保を相手に2回までに7得点の猛攻で早々にノックアウト。投手陣がDeNA打線に追い上げられながらも8-6で勝利し、敵地横浜で後半戦白星スタートを決めた。

2回に打者一巡、タイムリー4本の猛攻で試合を決める

 ヤクルトが20日、DeNA戦で相手先発の久保を相手に2回までに7得点の猛攻で早々にノックアウト。投手陣がDeNA打線に追い上げられながらも8-6で勝利し、敵地横浜で後半戦白星スタートを決めた。

 初回からヤクルト打線が活発だった。先頭の比屋根がセンター前ヒットで塁に出ると、続く川端がカウント3-1からレフトへのタイムリー二塁打。さらに続いたチャンスで畠山の併殺崩れの間に1点を追加し、2-0とする。

 幸先よく援護をもらった先発・新垣だったが、その裏。2番松本に四球を与えると、DeNAの4番筒香にライトスタンドへの2ランを浴び、試合は振り出しに戻ってしまう。

 しかし2回、すぐさまヤクルトが突き放す。無死満塁から新垣がセンター前への勝ち越し2点タイムリーを放ち4-2とすると、ここから猛攻が止まらない。山田、畠山、雄平が3連続タイムリーヒットでこの回5点を奪い、7-2。チームトップの7勝を挙げるDeNA久保をノックアウトした。

 大量援護をもらった新垣だったが、7回に白崎にレフトスタンドへのソロホームランを浴び、8-5となったところで降板し、6回2/3まで投げ5失点。チームは8回にオンドルセクが1点を失うなど詰め寄られ、8-6とヒヤヒヤの展開になったが、最後はバーネットが締めて何とか逃げ切りに成功した。

 首位DeNAを破り、後半戦を白星で飾ったヤクルト。この勝利で阪神と並び3位に浮上した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中