野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAが連敗を「4」でストップ 5回に集中打で阪神・岩崎を攻略

DeNAが25日、甲子園で行われた阪神戦に4-2で勝利した。先発した砂田は4回2失点でマウンドを降りるも、阪神先発・岩崎に抑えられていた打線が5回に4得点を奪い、逆転。中盤以降は継投で逃げ切り、連敗を「4」で止めた。

先発・砂田が4回2失点で降板も、リリーフ陣が無失点リレー

 DeNAが25日、甲子園で行われた阪神戦に4-2で勝利した。先発した砂田は4回2失点でマウンドを降りるも、阪神先発・岩崎に抑えられていた打線が5回に4得点を奪い、逆転。中盤以降は継投で逃げ切り、連敗を「4」で止めた。

 先発した砂田は3回、相手先発・岩崎のヒットからピンチを招き、1死満塁とされると、ゴメスに右犠飛、マートンにレフト線へのタイムリーを浴び2点を先制される。

 打線は4回まで岩崎に抑えられるも、迎えた5回、2死一、三塁から1番松本の代打・桑原がセンター前へのタイムリーを放ち、1-2と1点差に迫った。なおも1死満塁で梶谷がセンターへ逆転の2点タイムリー。センター・江越の悪送球も重なり、4-2と逆転に成功した。

 5回からは砂田に代わり、小杉が登板。2回を無失点に抑えると、7回には阪神の3番手・歳内を相手に白崎のレフトへのソロアーチが飛び出し、5-2とリードを広げる。

 終盤は7回大原、8回平田、9回山崎康がそれぞれ一人のランナーも出さず逃げ切ったDeNA。連敗を「4」で止め、球宴明け初勝利を掴み取った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中