野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 「これがゴールドグラブ10度のイチロー」 41歳の美技に地元メディア最敬礼

「これがゴールドグラブ10度のイチロー」 41歳の美技に地元メディア最敬礼

マーリンズのイチロー外野手が24日(日本時間25日)の敵地パドレス戦で見せたスーパーキャッチが地元メディアに大絶賛されている。

「右中間で信じられないキャッチ」

 マーリンズのイチロー外野手が24日(日本時間25日)の敵地パドレス戦で見せたスーパーキャッチが地元メディアに大絶賛されている。

 「1番・ライト」で先発したイチローは、初回の第1打席に四球で出塁。二盗を試みて、1度はアウトとジャッジされた。しかし、チャレンジで判定が覆り、現役メジャー最多となる496個目の盗塁に成功。その後、ボーアのタイムリー二塁打で先制のホームを踏んだ。

 そして、最大の見せ場は、その裏の2死走者なしの場面で訪れた。強打者マット・ケンプが右中間に大飛球を放ったが、イチローがスーパキャッチで阻んだ。

「すごくいい当たりだ。イチローが追う、(グラブを)伸ばす、捕った! イチローは壁に激闘したが、離さない。右中間で信じられないキャッチだ。41歳の男がいまだに大仕事を成し遂げます。これがゴールドグラブ10回受賞のイチローです」

 マーリンズの本拠地マイアミでテレビ中継を行った「FOXスポーツ・フロリダ」の実況は、我を忘れるほど興奮した様子で伝えた。イチローは衰え知らずの韋駄天ぶりで強烈なフライに追いつくと、キャッチに成功。その勢いで倒れ込みながらフェンスに激突したが、ボールは離さなかった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中