野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 山田、川端、中村がHR 両軍計5HRの空中戦はヤクルトが制し7連勝

山田、川端、中村がHR 両軍計5HRの空中戦はヤクルトが制し7連勝

ヤクルトが26日、神宮で行われた中日戦に8-6で勝利し、7連勝で首位をキープした。両軍合わせて5本のホームランが飛び交う空中戦は、ヤクルトに軍配が上がった。

東京ヤクルト神宮

先発山中は5回0/3を6失点も、打線とリリーフ陣が奮起

 ヤクルトが26日、神宮で行われた中日戦に8-7で勝利し、7連勝で首位をキープした。両軍合わせて5本のホームランが飛び交う空中戦は、ヤクルトに軍配が上がった。

 初回、ヤクルトは先頭の比屋根、川端が出塁すると、山田がセンターへ叩き込む23号スリーラン。幸先よく3点を先制する。

 しかし、先発のアンダースロー右腕・山中が2回に藤井に2ラン、3回に大島にソロホームランを浴び、3-3の同点に追いつかれる。

 その裏、打線もすぐさま反撃。川端がソロアーチで勝ち越すと、畠山、大引にそれぞれタイムリーが飛び出し6-3とする。4回には中村にも今季1号ソロが飛び出し、4点差に広げた。

 山中は5回にも1点を失い、6回にも2点を奪われて7-6まで追い上げられるが、8回にロマンが無死二、三塁のピンチをしのぐなど、中継ぎ陣が無失点でつないだヤクルト。8回には再び大引にタイムリーが飛び出し、2点差にすると、抑えのバーネットが1点を失いながらも後続を打ち取り、両軍合わせて5HRが飛び交う空中戦を8-7で制した。

 この勝利でヤクルトは7連勝で貯金を「3」に増やし、首位をキープした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング