野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島は3タテ阻止 ジョンソンが8回無失点、梵が先制2ランで巨人に勝利

広島は3タテ阻止 ジョンソンが8回無失点、梵が先制2ランで巨人に勝利

広島が本拠地で巨人を5-0で破り、連敗を2で止めた。先発のジョンソンが8回6安打無失点と快投。打線は梵の先制2ランなどで5点を奪った。117球を投げ切ったジョンソンは8勝目(4敗)。3タテを阻止した。

広島カープ

巨人はジョンソンを攻略できず

 広島が本拠地で巨人を5-0で破り、連敗を2で止めた。先発のジョンソンが8回6安打無失点と快投。打線は梵の先制2ランなどで5点を奪った。117球を投げ切ったジョンソンは8勝目(4敗)。3タテを阻止した。

 試合は、序盤から広島・ジョンソン、広島新庄高出身の巨人・田口の投げ合いとなる。

 広島は初回、2死一、二塁とチャンスを作るも、シアーホルツが空振り三振で無得点。一方、巨人は2回に2死二塁としたが、村田は三ゴロに倒れた。

 4回、巨人は1死から坂本、亀井が連打。亀井の盗塁もあり、1死二、三塁とする。だが、長野は見逃し三振、阿部は空振り三振で無得点。ジョンソンが踏ん張った。

 6回には再び巨人が無死一、二塁としながら、立岡が牽制死。しかし、片岡が盗塁に成功し、1死二塁とする。ここで坂本はショートゴロ。さらに、亀井は一ゴロでまたも無得点。ジョンソンが巨人打線の前に立ちはだかる。

 すると、その裏、広島は2死からシアーホルツが四球を選び、続く梵が左中間へ先制2ラン。ついに均衡を破った。

 7回には巨人の2番手・宮國を攻め、無死満塁と大きなチャンスを作る。菊池はショートフライに倒れたが、野間がセンターへタイムリー。大きな1点を加えた。さらに、2死となってからシアーホルツの打席で3番手の高木京が暴投。4-0となった。

 8回には代打・松山のタイムリーで1点を追加。9回は守護神・中崎が締め、広島が5-0で勝利した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング