野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • マリナーズが60年ぶり珍トリプルプレー 走者が転び、3-6-2-2で完成

マリナーズが60年ぶり珍トリプルプレー 走者が転び、3-6-2-2で完成

マリナーズが26日(日本時間27日)のブルージェイズ戦で、実に60年分ぶりの“珍トリプルプレー”を完成させた。

20150727_triple

最後は三塁上で走者がバランス崩して転倒…

 マリナーズが26日(日本時間27日)のブルージェイズ戦で、実に60年分ぶりの“珍トリプルプレー”を完成させた。

 3-4で迎えた4回、無死一、三塁でブルージェイズのゴインズがウォーカーから一ゴロを打つと、一塁手のトランボが自らベースを踏んでアウトに。二塁に入った遊撃手のミラーにボールを送った。

 一塁走者のピラーが塁間で挟まれた形となったが、ここで三塁走者のカレーラが飛び出したため、ミラーはボールを持ったまま三本間に向かう。そして、捕手のズニーノに送球した。

 挟まれたカレーラは三塁に戻ったが、その間にピラーが三塁まで進み、走者2人が三塁ベースを踏んだ。この場合、三塁走者に占有権があるため、この時点でピラーはアウト。しかし、ここで三塁コーチがカレーラの腕に触れようとすると、カレーラは驚いたようにバランスを崩して倒れた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中