野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【高校野球】出揃った49代表、“100年目の甲子園”で輝く選手は?

第97回全国高校野球選手権大会(8月6日開幕)の出場校が出そろった。最後の1枠を勝ち取ったのは大阪偕星学園。準々決勝で昨夏甲子園覇者の大阪桐蔭を破った勢いは最後まで衰えず、大体大浪商に競り勝って初めて大阪代表となった。

ドラ1位候補投手、1年生スラッガー…、100周年大会の注目選手は?

20150731_koshien2
第97回全国高校野球選手権大会代表校一覧

 第97回全国高校野球選手権大会(8月6日開幕)の出場校が出そろった。最後の1枠を勝ち取ったのは大阪偕星学園。準々決勝で昨夏甲子園覇者の大阪桐蔭を破った勢いは最後まで衰えず、大体大浪商に競り勝って初めて大阪代表となった。

 今回も波乱含みだった地方大会。連覇を目指す大阪桐蔭が敗れ、プロ注目右腕・高橋純平を擁する県岐阜商も準決勝で敗退。埼玉では今春選抜4強の浦和学院が決勝の舞台にもたどり着けず、青森ではノーシードの三沢商が決勝で八戸学院光星に競り勝ち、29年ぶりの切符を手にした。

 第1回大会から100年目を迎えた今年、夏の大会で輝くのはどの選手か。ここで、甲子園に出場する主な注目選手を紹介したい。

 まずは神奈川を2年連続で制した東海大相模のエース小笠原慎之介(3年)だ。1年生から公式戦に登板してきた150キロ左腕は今年のドラフト1位候補にも挙げられており、右打者の内角に食い込むストレートは威力抜群。昨夏の神奈川大会決勝で20三振を奪った151キロ右腕・吉田凌(3年)も今大会注目の好投手で、ダブルエースは対戦相手にとっても脅威だ。

 今春選抜の優勝投手・敦賀気比(福井)のエース右腕・平沼翔太(3年)もプロ注目。福井大会決勝では福井工大福井に3点を先制されながらも10回まで投げ抜き、サヨナラ勝利に貢献した。投打で可能性を感じさせる逸材。同校では選抜準決勝で2打席連続満塁弾を放った松本哲幣外野手(3年)にも注目が集まる。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中