野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • G村田が決勝3ラン、4打点で東京D1000勝に貢献 「越えられない壁はない」

G村田が決勝3ラン、4打点で東京D1000勝に貢献 「越えられない壁はない」

巨人の村田修一内野手が31日、本拠地での中日戦で決勝6号3ランを放った。3-3の8回1死一、二塁で中日・大野の直球を完璧に捉え、レフトスタンドに運んだ。巨人はそのまま6-3で勝利。4連勝で東京ドームでの通算1000勝を達成した。

前日代打を送られた悔しさ晴らす一発、「僕らしいホームランだった」

 巨人の村田修一内野手が31日、本拠地での中日戦で決勝6号3ランを放った。3-3の8回1死一、二塁で中日・大野の直球を完璧に捉え、レフトスタンドに運んだ。巨人はそのまま6-3で勝利。4連勝で東京ドームでの通算1000勝を達成した。

 試合後、お立ち台に上がった村田は「気持ちよかったです。本当に僕らしい柔らかいホームランだったと思いますし、久しぶりに気持よくバットが振れました」と会心の一発を振り返った。

 前日には、両チーム無得点の8回1死満塁の場面で代打を送られた。その屈辱を晴らす一発。今季不振に苦しむ男は、記念すべき東京ドーム1000勝に貢献し「この伝統のある球団に来て4年目になりますし、すごく今年苦しんでるシーズンではありますけど、そういう1勝に貢献できてすごく光栄に思いますし、これからも1戦1勝ずつ積み重ねていければと思います」と言う。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中