野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神が乱戦制し、4連勝で首位堅持 4打点マートン「チーム全員が仕事した」

阪神が乱戦制し、4連勝で首位堅持 4打点マートン「チーム全員が仕事した」

阪神がヤクルトとの首位攻防戦を制した。ゲーム前まで0・5ゲーム差の2位だった相手との乱打戦に10-8で勝利。福留が1安打2打点、マートンが5号2ランを含む3安打4打点と活躍し、7、8回の2イニングを無失点に抑えた中継ぎの安藤に4勝目がついた。

4勝目の安藤「こういう試合を取れるとチームも波に乗ってくる」

 阪神がヤクルトとの首位攻防戦を制した。ゲーム前まで0・5ゲーム差の2位だった相手との乱打戦に10-8で勝利。福留が1安打2打点、マートンが5号2ランを含む3安打4打点と活躍し、7、8回の2イニングを無失点に抑えた中継ぎの安藤に4勝目がついた。

 4回までに5点のリードを許す苦しい展開。しかし、4回にマートンの2ランなどで4点を奪うと、2点差の6回に福留が2死満塁で2点タイムリー。試合を振り出しに戻した。8回はゴメスの押し出し死球で勝ち越し、マートンの2点タイムリーで計3点を奪って試合を決めた。

 試合後は安藤、福留、マートンの3人がお立ち台へ。福留は「ヒットを打ちたいなと思って打席に入りました」と2点タイムリーの打席を振り返り、笑いを誘った。その前の打席では、1点を追う4回2死一、二塁の好機で二ゴロに倒れていたが「悪いことは忘れるようにしています」と切り替えて、貴重な同点打を放った。

 一方、マートンは「ラッキー」と自身の大活躍を振り返りつつ「本当にチームとして13安打で10点は、チーム全員が仕事したと思いますし、ブルペンも素晴らしい仕事をして、チームの素晴らしい勝利だったんじゃないかと思います」と一丸での勝利を強調した。

 強打のヤクルトに打ち勝ち、4連勝で貯金4。3試合連続登板で2勝を上げた安藤は「いやぁ、僕が(ヒーローインタビューに)出てきてすみません。本当に。申し訳ないです」と謙遜しつつも「同点だったので、こういう試合を取れるとチームも波に乗ってくると思うので、そういう強い気持ちで投げました」と振り返った。間違いなく阪神が勢いに乗りつつある。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中