野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 強すぎる故の“珍事” 首位独走のソフトバンクに異変

強すぎる故の“珍事” 首位独走のソフトバンクに異変

独走態勢の裏で、ちょっとした珍事が起きている。とにかく強い、というしかないのだが、強すぎるが故に、ある悩ましい問題が出てきている。

圧倒的な強さ見せるホークス、中継ぎ陣の登板数に異変が…

 独走態勢の裏で、ちょっとした珍事が起きている。1日終了時点で2位・日本ハムに7・5ゲーム差をつけて首位を走るソフトバンク。1日の西武戦(西武プリンス)に勝利し、工藤公康監督が目標にする「カード勝ち越し」を決めた。

 これで、交流戦終了後、全12カード連続で負け越しなし。うち10カードで勝ち越し、貯金は29まで膨れ上がった。とにかく強い、というしかないのだが、強すぎるが故に、ある悩ましい問題が出てきている。

 ここにきて、中継ぎの登板数に偏りが出てきているのだ。オールスターが終わり、後半戦に入って9試合を8勝1敗。好調なチームのおかげか、守護神のデニス・サファテ、セットアッパーの五十嵐亮太は6試合、7回を担う森唯斗は4試合に登板している。その一方で、左キラーの森福允彦は2試合。ロングリリーフ要員の二保旭、飯田優也、巽真吾の3人はそれぞれ、わずか1試合しか投げていない。

 7月26日のオリックス戦(ヤフオクD)で延長11回にマウンドに上がった巽は、これが今季初登板だった。7月9日に出場選手登録をされてから、18日目、10試合目にして、ようやく登板機会が巡ってきた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中