野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 「勝利の方程式」に異変!? ヤクルト僅差首位も、直面する「1番厳しい時期」

「勝利の方程式」に異変!? ヤクルト僅差首位も、直面する「1番厳しい時期」

8月2日の阪神戦(甲子園)で5-0と快勝し、2位の巨人を勝率3毛差で上回って、首位に立ったヤクルト。5位のDeNAまでわずか4・5差と大混戦なのは変わらないが、昨年まで2年連続最下位だったチームが堂々と優勝争いを繰り広げている。

東京ヤクルト神宮

勝率3毛差で首位に立ったヤクルトだが、助っ人トリオが続けて崩れる異変も

 8月2日の阪神戦(甲子園)で5-0と快勝し、2位の巨人を勝率3毛差で上回って、首位に立ったヤクルト。5位のDeNAまでわずか4・5差と大混戦なのは変わらないが、昨年まで2年連続最下位だったチームが堂々と優勝争いを繰り広げている。

 その原動力となっているのは圧倒的な攻撃力。山田哲人が本塁打、川端慎吾が打率、そして畠山和洋が打点でリーグトップ。この3人を中心とした打線はリーグで頭一つ抜けており、バレンティンの不在を感じさせない。

 だが、打線は昨年もリーグNO1のチーム打率2割7分9厘をマークしており、想定内とは言えなくもない。うれしい誤算だったのは、ロマン、オンドルセク、バーネットの外国人トリオで形成する「勝利の方程式」だろう。

 ここまでオンドルセクがリーグ最多の49試合に登板し、4勝2敗、防御率2.77をマーク。ロマンも46試合に登板し、2勝1敗、防御率1・67を記録している。さらに、守護神のバーネットはリーグ2位の27セーブと抜群の安定感を誇る。真中監督も「あの3人がいるのが大きい。何とか6回まで先発が抑えてくれれば、勝てるという意識がチームにある」と全幅の信頼を寄せる。

 しかし、その「勝利の方程式」に異変が起きつつある。

人気記事ランキング