野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 村田が逆転2ラン含む復活の2発 巨人が通算1万試合を勝利で飾り首位堅持

村田が逆転2ラン含む復活の2発 巨人が通算1万試合を勝利で飾り首位堅持

巨人が5日、敵地でのヤクルト戦に6-5で勝利し、首位の座をキープした。5回に長野の3ランで逆転。村田もソロを放ち、3点差とした。その後、逆転されたものの、1点を追う7回に村田が2打席連続ホームランとなる8号2ランを放ち、逆転に成功。球団通算1万試合を勝利で飾った。

巨人

5回に長野が3ラン、村田は5回にソロ、7回に逆転2ラン

 巨人が5日、敵地でのヤクルト戦に6-5で勝利し、首位の座をキープした。5回に長野の3ランで逆転。村田もソロを放ち、3点差とした。その後、逆転されたものの、1点を追う7回に村田が2打席連続ホームランとなる8号2ランを放ち、逆転に成功。球団通算1万試合を勝利で飾った。

 ヤクルトは3回、2死走者なしで打席に立った先発の小川が、小山の直球を捉える。レフトスタンドまで運ぶ驚きのプロ初本塁打で先制した。

 しかし、巨人は5回、1死一、三塁とチャンスを作り、長野が左中間へ逆転3ラン。さらに、2死となってから村田が右中間スタンドへ運び、4-1とした。

 ヤクルトもすぐに反撃する。その裏、1死二、三塁とチャンスを作り、小川の代打・森岡がサードへタイムリー内野安打。さらに、小山の暴投で1点差とする。

 なおも2死三塁と好機で川端がセンターへ同点タイムリー。さらに山田が2番手宮國からツーベースを放って2死二、三塁としたが、畠山はショートフライに倒れて勝ち越せなかった。

 しかし、6回、先頭の雄平が1ストライクから宮國の直球を完璧にとらえる。ライトスタンド上段へと叩き込む完璧なソロで、1点を勝ち越した。

 ただ、巨人も終わらない。7回、1死から阿部がレフト前ヒットで出塁すると、続く村田がレフトへ逆転2ラン。完全復活を印象づける2打席連続の一発で、再び試合をひっくり返した。

 その後は救援陣がリードを守りきり、6-5で勝利。記念すべき球団通算1万試合を勝利で飾り、首位をキープした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング