野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ヤクルトが連敗止め首位巨人と1差 決勝弾のデニング「もしかしたらと…」

ヤクルトが連敗止め首位巨人と1差 決勝弾のデニング「もしかしたらと…」

ヤクルトのデニング外野手が6日、ホームで迎えた巨人戦で1点ビハインドの6回裏に菅野から逆転の2ランホームランを放った。首位巨人を相手に5-3で勝利し、チームは連敗を2でストップした。

巨人戦3連敗は阻止「この試合の重要さは知っていた」

 ヤクルトのデニング外野手が6日、ホームで迎えた巨人戦で1点ビハインドの6回裏に菅野から逆転の2ランホームランを放った。首位巨人を相手に5-3で勝利し、チームは連敗を2でストップした。

 試合後、ホームの大歓声の中でお立ち台に上ったデニングは「毎打席なんですけど、自分の力を出してチームのために何か力を出そうと思っていましたが、試合が始まる前からこの試合の重要さは知っていたので、そこで結果が出せて、チームを勝利に導くことができて本当に満足しています」と冷静に振り返った。

 6回表に石川が坂本、長野に連続被弾し、逆転を許して迎えた直後の攻撃。四球で出塁した大引を一塁に置き、デニングはインコースのボールを強振。ライナー性の打球は、そのままバックスクリーンに吸い込まれた。ここ4試合、ノーヒットが続き、この試合でも2打席凡退に倒れていた助っ人のバットから生まれた待望の一発となった。

「この5試合、なかなか結果が出ずに苦しんでいたのですが、打った瞬間はホームランにならないかな、ツーベースかなと思いましたが、神宮はボールがよく飛ぶので、もしかしたらという気持ちでダイヤモンドを一周しました」

 晴れやかな笑顔で決勝弾について語った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中