野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島、連日の投手戦制し巨人に連勝! 前田7回1失点で9勝目&松山決勝弾

広島、連日の投手戦制し巨人に連勝! 前田7回1失点で9勝目&松山決勝弾

広島が連日の投手戦を制して巨人に2-1で連勝を飾った。

高木勇は8回2失点と力投も7敗目

 広島が連日の投手戦を制して巨人に2-1で連勝を飾った。8日の東京ドームでの一戦は広島・前田、巨人・高木勇の両先発が好投。巨人のルーキー右腕は3回2死一、二塁から松山にタイムリー二塁打を浴びたものの、その後、粘りの投球を見せて点を与えない。一方の前田は5回、小林に2号ソロを許したが、失点はこの1点のみ。1-1で終盤に突入した。

 試合が動いたのは8回。広島は1死走者なしの場面で松山が4号ソロを左中間スタンドへ運び、勝ち越しに成功する。

 広島は8回から継投に入り、1点を死守。延長12回の激闘の末に競り勝った前日に続き、投手戦を制した。7回4安打8奪三振1失点と安定した投球を見せた前田は自身の連敗を2で止め、リーグトップに並ぶ9勝目(7敗)をマーク。一方の高木勇は8回7安打8奪三振2失点で7敗目(7勝)となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中