野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 青木宣親にまたもアクシデント… 頭部に死球受け途中交代

青木宣親にまたもアクシデント… 頭部に死球受け途中交代

ジャイアンツの青木宣親外野手が9日(日本時間10日)のカブス戦の3回に相手投手の投じたボールが頭部を直撃するアクシデントに見舞われた。

6月20日にも死球を受け右腓骨を骨折

 ジャイアンツの青木宣親外野手が9日(日本時間10日)のカブス戦の3回に相手投手の投じたボールが頭部を直撃するアクシデントに見舞われた。

 この日、「1番・レフト」で先発した青木は2点を追う3回1死一塁の場面で打席に入ると、相手の先発右腕アリエッタの投じた2球目が右側頭部付近を直撃。死球を受けた瞬間は地面に倒れこみ、しばらく両膝をついたままうずくまった。その後どうにか立ち上がり、スタッフに付き添われながらダグアウトへ歩いていくと、敵地のファンも拍手。青木はそのまま交代し、パガンが代走に送られた。

 青木は6月20日のドジャース戦でも右足に死球を受け、右腓骨の亀裂骨折で故障者リスト(DL)入り。先月28日に復帰したばかりだった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中