野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

またも悲劇…頭部に死球受けた青木宣親「これが最後であってほしい」

ジャイアンツの青木宣親外野手が9日(日本時間10日)のカブス戦に「1番・レフト」で先発出場し、3回1死1塁の場面で頭部に死球を受けて途中交代する一幕があった。

6月の死球で28試合戦線離脱の青木に再びアクシデント、米メディア「恐ろしい瞬間」

 ジャイアンツの青木宣親外野手が9日(日本時間10日)のカブス戦に「1番・レフト」で先発出場し、3回1死1塁の場面で頭部に死球を受けて途中交代する一幕があった。6月20日のドジャース戦でも右足首に死球を受け、右腓骨亀裂骨折で戦線離脱していたリードオフマンを再び襲った死球の恐怖を地元メディアも大きく報じている。試合はジャイアンツが0-2で敗れた。

 MLB公式サイトは「ビーンボールを受けた青木が退場」と特集。3回に相手の先発右腕ジェイク・アリエッタが投げた92マイル(約148キロ)が、低く構えた青木のヘルメットの右側面を直撃したことを伝えている。

 鈍い音がフィールドに鳴り響くと、カブスのミゲル・モンテロ捕手はジャイアンツのダグアウトに向かってすぐに救助を呼びかける。そして、ヘッドトレーナーのデイブ・グロシュナー氏、ブルース・ボウチー監督、通訳の3人が駆け寄った。青木は自力で立ち上がったものの、そのままクラブハウスに戻り、アンヘル・パガン外野手が代走で出場した。

 青木はドジャース戦の死球による骨折で28試合欠場。それまで打率、出塁率、盗塁でいずれもリーグ10傑に入る大活躍を見せ、自身メジャー初のオールスター出場を目前にしていたが、この死球で惜しくも選出を逃していた。7月27日に故障者リストから復帰後は12試合に出場している。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中