野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ヤクルトに現れたサブマリン 57年ぶりの開幕5戦5勝、山中はなぜ勝てる?

ヤクルトに現れたサブマリン 57年ぶりの開幕5戦5勝、山中はなぜ勝てる?

この男が投げれば、なぜか勝つ。ヤクルト・山中浩史は今季初登板でプロ初勝利を挙げた6月12日の西武戦(西武プリンス)から、何と5戦全勝。球団では、開幕からの5戦5勝は、国鉄時代だった1958年の金田正一以来、57年ぶりだ。

東京ヤクルト神宮

優勝争うチームに29歳遅咲きの救世主

 この男が投げれば、なぜか勝つ。ヤクルト・山中浩史は今季初登板でプロ初勝利を挙げた6月12日の西武戦(西武プリンス)から、何と5戦全勝。球団では、開幕からの5戦5勝は、国鉄時代だった1958年の金田正一以来、57年ぶりだ。

「こんな僕が、そんな方と肩を並べていいのかなと思いますが、そこは気にせず、チームの勝利に貢献することだけを考えた結果です」

 29歳の遅咲きのサブマリン右腕が、優勝を争うチームの救世主となっている。

 Honda熊本から2012年のドラフト6位でソフトバンクに入団。27歳のオールドルーキーはアンダースローを武器に、いきなり開幕ローテーションをつかんだが、勝利を挙げられないまま降格。2年目の昨年7月に川島慶三、日高亮との交換トレードで、新垣渚と共にヤクルトに加入した。

人気記事ランキング