野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人阿部が連敗脱出に導く決勝打 「打てませんし、とにかくやるしかない」

巨人阿部が連敗脱出に導く決勝打 「打てませんし、とにかくやるしかない」

巨人の阿部慎之助内野手が11日、本拠地でのDeNA戦で値千金の決勝打を放った。3回、2死二、三塁の好機で相手先発・久保からセンターに先制の2点タイムリー。この2点をマイコラスが9回1失点の快投で守りきり、巨人は連敗を4で止めた。

巨人

3回に久保から先制の2点タイムリー、「自分自身、いい集中力だった」

 巨人の阿部慎之助内野手が11日、本拠地でのDeNA戦で値千金の決勝打を放った。3回、2死二、三塁の好機で相手先発・久保からセンターに先制の2点タイムリー。この2点をマイコラスが9回1失点の快投で守りきり、巨人は連敗を4で止めた。

 試合後、お立ち台に上がった阿部は「最高です!」と声を張り上げた。「自分自身、いい集中力だったと、それだけです。とにかく打てるボールは何とかしようと思って打ちました」。必死にバットを振った。

 センターへの貴重なタイムリーに続き、6回にはレフト前に打球を運んだ。この日の2安打を「強引になりすぎている部分があったので、自分で何とか反対方向を意識していったら、いい結果が出ました」と振り返る。

 巨人は前日(10日)に休日返上で練習を行った。不調に苦しむ主砲は「これだけ混戦ですし、打てませんし、とにかくやるしかないので、明日も頑張ります」と誓った。チームを連敗脱出に導いた貴重な一打を不振脱出のきっかけにしたい。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング