野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人長野が内海を援護する3安打3打点 「優勝に内海さんは絶対必要」

巨人長野が内海を援護する3安打3打点 「優勝に内海さんは絶対必要」

巨人の長野久義外野手が12日、東京ドームでのDeNA戦で1-1の4回に勝ち越しのタイムリーヒットを放つなど4打数3安打3打点と活躍。エース内海の今季初勝利をアシストした。

東京ドーム

7回は阿部敬遠の後の2点タイムリー「阿部さんが歩かされるのは分かっていたこと」

 巨人の長野久義外野手が12日、東京ドームでのDeNA戦で1-1の4回に勝ち越しのタイムリーヒットを放つなど4打数3安打3打点と活躍。エース内海の今季初勝利をアシストした。

 お立ち台に上がった長野は「今日は内海さんが投げるので絶対打ちたいという気持ちで、朝から球場へ来ました」と話すと、「ここ最近、全然打てていなかったので、今日は何とか内海さんに勝ちをつけられてよかった」と今季初勝利を挙げたエースへの想いを繰り返した。

 1-1の4回にDeNA三浦から勝ち越しとなるライト前タイムリー。さらに6-4で迎えた7回にも「阿部さんが歩かされるというのは分かっていたこと。結果を考えず思い切って打ちました」と、2死満塁の場面で左中間へ8-4とリードを広げる2点タイムリーを放った。

 8回に救援陣が3失点し、8-7と追い上げられた末の勝利だっただけに、長野の活躍は大きかった。

 ただ、自身については多くを語らず「今日は本当に内海さんが投げて勝てて、これから優勝するには内海さんが絶対必要だと思いますし、また明日から頑張ります」とインタビューを締めくくった長野。遅すぎる初勝利を挙げたエースとともに、混戦のセ・リーグを抜け出すつもりだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング