野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 岩隈久志
  • 岩隈久志の偉業を敵将&敵打者はどう見た? 「心理的に追い詰められた」

岩隈久志の偉業を敵将&敵打者はどう見た? 「心理的に追い詰められた」

日米通じて自身初のノーヒットノーランを達成したマリナーズの岩隈久志投手(34)について、敵将や敵打者からも称賛や脱帽するコメントが寄せられている。

強力オリオールズ打線に偉業達成、強打者も脱帽「普通の1敗ではない」

 日米通じて自身初のノーヒットノーランを達成したマリナーズの岩隈久志投手(34)について、敵将や敵打者からも称賛や脱帽するコメントが寄せられている。

 日本人右腕は12日(日本時間13日)の本拠地オリオールズ戦で9回を投げ、7奪三振3四球で無失点。許したヒットはゼロで、チームを3-0の勝利に導いた。この日の試合について、相手側の地元紙「ボルティモア・サン」も特集記事を掲載。ア・リーグ東地区の強豪としては62年間の歴史で7度目の屈辱となったデータを紹介しており、2007年9月1日のレッドソックス戦でクレイ・バックホルツ投手に喫して以来の無安打無得点だったという。

 これについて、強打者アダム・ジョーンズ外野手も記事の中で素直に負けを認めている。

「これは普通の1敗ではない。ノーヒッターの敗者側として歴史に名前を刻んだんだ。脱帽するしかない。イワクマは自分のピッチングをした。我々には強い当たりもあったが、相手の正面を突いたし、いい守備もあった。脱帽して、前に進もう。彼は多くのストライクを投げ込んだ。泣いても仕方がない」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中