野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 岩隈久志
  • データで見る岩隈久志の偉業 MLB史上291度目の“ノーノー”の価値に迫る

データで見る岩隈久志の偉業 MLB史上291度目の“ノーノー”の価値に迫る

マリナーズの岩隈久志投手が、12日(日本時間13日)の本拠地オリオールズ戦で日米通じて自身初のノーヒットノーランを達成。7奪三振3四球で今季4勝目(2敗)を挙げた右腕の偉業は日米で大きな話題を呼んだ。

20141128_iwakuma

岩隈は“ビッグユニット”以来の年長選手によるノーノー達成

 マリナーズの岩隈久志投手が、12日(日本時間13日)の本拠地オリオールズ戦で日米通じて自身初のノーヒットノーランを達成。7奪三振3四球で今季4勝目(2敗)を挙げた右腕の偉業は日米で大きな話題を呼んだ。MLB公式サイトでは、メジャー史で継投による達成も含めて291度目となったノーヒッターをデータで特集している。

 まず記事で取り上げているのは、34歳での偉業達成という事実だ。34歳以上のノーヒットノーランは、マリナーズOBでもあるランディ・ジョンソン投手が、2004年5月18日にダイヤモンドバックスの一員として40歳で達成したブレーブス戦での完全試合まで遡るという。

 このとき、“ビッグユニット”の異名を持つ大投手は1904年にサイ・ヤングが37歳で打ち立てた最年長記録を塗り替えたが、岩隈はそれ以来では最年長での達成記録となったことにも言及している。

 また、指名打者制度の導入されているア・リーグでのノーヒットノーランは、投手が打席に立つナ・リーグよりも至難の技とされているが、岩隈を含めて最近3度の達成はいずれもマリナーズ。2012年8月15日に“キング”こと、フェリックス・フェルナンデス投手がレイズ戦で1-0での勝利を挙げ、同年6月8日のドジャース戦では6人の継投でノーヒッターを実現した。

 このマリナーズによる3連続同一球団のノーヒッターは、1960年のブレーブス以来の記録となったという。

人気記事ランキング