野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人-中日戦が乱闘寸前の騒ぎで警告試合に ポレダの死球にルナが睨む

巨人-中日戦が乱闘寸前の騒ぎで警告試合に ポレダの死球にルナが睨む

14日の中日・巨人18回戦(ナゴヤドーム)で、乱闘寸前の騒ぎがあった。

巨人

両軍選手がベンチから飛び出し乱闘寸前に

 14日の中日・巨人18回戦(ナゴヤドーム)で、乱闘寸前の騒ぎがあった。

 5回裏、中日の攻撃。1死二、三塁から、巨人の左腕・ポレダの147キロ直球がルナの左臀部に直撃。ルナは打席で左腕に睨みをきかせ、一塁へ。その後、ルナが一塁ベース前で納得いかないような表情を見せると、ポレダはルナに一塁ベースへ早く行くよう促すような仕草を見せて応戦。両軍がベンチを飛び出す騒ぎとなった。

 試合前までの対戦成績では、ルナがポレダを8打数5安打の打率6割2分5厘と打ち込んでいた。

 その後、球審・西本から警告試合と宣告された。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング