野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神が藤浪の3年連続2桁勝利で6連勝 自ら決勝打でリーグ最速10勝目

阪神が藤浪の3年連続2桁勝利で6連勝 自ら決勝打でリーグ最速10勝目

阪神が14日、神宮で行われたヤクルト戦に7-3で勝利し、6連勝で今季最多の貯金8とした。先発した藤浪は10勝目(5敗)を挙げ、リーグ最速の10勝到達となった。

序盤で5四球2失点も、4回に自らの勝利をアシストする決勝2点タイムリー二塁打

 阪神が14日、神宮で行われたヤクルト戦に7-3で勝利し、6連勝で今季最多の貯金8とした。先発した藤浪は10勝目(5敗)を挙げ、リーグ最速の10勝到達となった。

 入団から3年連続の2桁勝利をかけて先発した藤浪は、決して良い立ち上がりではなかった。2回に先頭のデニング、今浪と連打を浴びると、2者凡退をはさんで投手古野に四球。2死満塁とすると、三輪に押し出しの四球を与えて先制を許した。

 3回に味方が江越のレフトスタンドへの5号ソロで追いつくも、その裏に山田に二塁打を打たれ1死三塁とされてから、暴投で1点を失い1-2と勝ち越された。

 しかし、4回に2死一、三塁から鶴岡のタイムリー二塁打で同点に追いつき、さらに2死二、三塁から藤浪が自らを援護する2点タイムリー二塁打。2点を勝ち越すと、5回にも1点を追加し、5-2とヤクルトを突き放した。

 勝ち投手の権利を手にした藤浪は、7回4安打7奪三振2失点、122球を投げて降板。阪神は8回に今成のレフトへのタイムリー二塁打で1点を追加し6-2とすると、8回に救援陣が1点を失うも、9回に再び1点を追加し7-3で勝利。6連勝で貯金を今季最多の8とした。

 試合前までセ・リーグの勝利数トップは9勝で6人が並んでいたが、藤浪がこの日の10勝目で単独トップに。自身も2013年の高卒1年目から3年連続の2桁勝利となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中