野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島丸が貴重な3ラン 決勝打の新井も絶賛「自分のヒットより大きかった」

広島丸が貴重な3ラン 決勝打の新井も絶賛「自分のヒットより大きかった」

広島は14日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に8-4で勝利した。序盤から点の取り合いとなった試合に決着を付けたのは、丸の2試合連続となる一発だった。

20150706_maru

新井の決勝打に続いて3ランの丸、「今まで打っていなかったので…」

 広島は14日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に8-4で勝利した。序盤から点の取り合いとなった試合に決着を付けたのは、丸の2試合連続となる一発だった。

「自分のヒットよりも丸のホームランが大きかった」

 決勝打を放ち、丸とともにお立ち台に立った新井は後輩を褒め称えた。

 初回に奪った4点リードを追いつかれた直後の5回裏、エラーで出塁した丸を新井が左中間へのタイムリー二塁打で還して勝ち越し。続く6回には丸がベイスターズ3番手の高橋尚から3ランを放ち、リードを4点に広げて試合の行方を決めた。

「あそこは大事な局面だった」と本人が振り返った場面で殊勲の一発。「甘い球を積極的にいこうと思って、一発で仕留められてよかった」という2試合連続となる本塁打に「シーズン序盤からピッチャーを援護できなかったので、夏になって援護できてよかった」と喜んだ。

 今季は打線の主軸に期待されながら、打率は2割5分台となかなか状態が上がってこない。シーズンも終盤に近づき、「ここまで来たら、状態よりも状況を考えてやるしかない」と結果にこだわる姿勢を見せた丸は、「今まで打っていなかったので取り戻していきたい」と、残り試合への決意を力強く語った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング