野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 【高校野球】早実・清宮の快進撃続く 甲子園1号に走者一掃二塁打も「まだ満足できない」

【高校野球】早実・清宮の快進撃続く 甲子園1号に走者一掃二塁打も「まだ満足できない」

第97回全国高校野球選手権大会は第10日が15日、甲子園球場で行われ、早実(西東京)が東海大甲府(山梨)を8-4で破り、8強に進出した。注目のスーパー1年生・清宮幸太郎内野手が甲子園1号となる2ラン、走者一掃の3点二塁打を放つなど、4打数3安打5打点の大爆発。4番・加藤雅樹も豪快な一発で清宮と2者連続ホームランをマークするなど、圧倒的な存在感を見せた。

5打点の大暴れで8強進出、加藤との2者連続弾に「やっと2人で打てて本当に嬉しい」

 第97回全国高校野球選手権大会は第10日が15日、甲子園球場で行われ、早実(西東京)が東海大甲府(山梨)を8-4で破り、8強に進出した。注目のスーパー1年生・清宮幸太郎内野手が甲子園1号となる2ラン、走者一掃の3点二塁打を放つなど、4打数3安打5打点の大爆発。4番・加藤雅樹も豪快な一発で清宮と2者連続ホームランをマークするなど、圧倒的な存在感を見せた。

 同点の3回、無死一塁で打席に立った清宮は、右中間スタンドへ打球を運んだ。ホームラン打者としての類まれな素質を見せつける、大きな弧を描いた甲子園初アーチ。試合後のテレビインタビューでは「いい集中ができたんじゃないかと思います。本当に1本出てよかったです」と満足気に振り返った。

 ベンチに戻ると、歓喜に湧く上級生たちと抱き合って喜んだ。「ホームラン打ったら抱き合う、というのがあるんで。えへへ。今日はそれが出来ました」。その場面について聞かれると、思わず笑みがこぼれた。

 早実はさらに、続く加藤がライトへソロ本塁打を叩き込む。打った瞬間にそれと分かる豪快な一発。「いやぁ、ちょっと見たこともないくらいおっきなホームランで。やっと2人で2者連続打てて、本当に嬉しかったです」と振り返った清宮は、自分のホームランよりも嬉しそうだったことを聞かれると「いやぁ、そうですね。なんか人の姿のほうが自分も燃えるというか、そんな感じがありますね」と話した。自分の後を打つ頼れる先輩のホームランに興奮を隠せない様子だった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中