野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ西が95球完封で5勝目 野手陣の「西を勝たせたい」に「照れますね」

オリックス・西勇輝投手が15日、今季2度目の完封で5勝目を挙げた。

オリックス

防御率2.34で大谷に肉薄も「全く意識してない。謙虚に頑張ります」

 オリックス・西勇輝投手が15日、今季2度目の完封で5勝目を挙げた。

 ロッテ戦(京セラドーム大阪)に先発。2回1死一、二塁で鈴木を投ゴロ併殺打に打ち取ると、その後はテンポの良い投球を披露。6回2死一、二塁で清田から見逃し三振を奪うなど8奪三振。9回を95球、2四死球、3安打無失点で、5月24日のロッテ戦(京セラドーム大阪)以来の完封勝利、6月23日の楽天戦(郡山)以来の勝ち星をつかんだ。

 試合後はお立ち台に上がり、本拠地のファンから大歓声を浴びた。

--今季2度目の完封勝利。9回で95球だった。

「中継ぎの方を休めることが出来たので、とりあえず良かったです」

--登板前に「出来るだけ長いイニングを投げたい」と言っていた。有言実行だ。

「そうですね。ファンの方がたくさん来てくれて、後押しされて、投げきることが出来ました。ありがとうございます」

--テンポのいい投球だった。

「良かったと思いますし、リードがすごく良くて、守備の方にも助けられて投げきることが出来ました」

--4回無死一塁で、打者は清田。カウントが3ボールになり、一塁の中島から声をかけられていた。

「(中島から)『楽にいけ』と。本当に気楽に声をかけていただいて、我に返ることが出来ました。そこからゼロに抑えることが出来て良かったです」

--野手陣が「西に勝ち星をつけたい」と言っていた。

「照れますね。本当に打っていただいて、勝つことが出来た。自分自身、投げきるように頑張るので、応援よろしくお願いします」

--防御率は2.34に。リーグトップの日本ハム・大谷は防御率2.27で1位も見えてきた。

「全く意識してないです。そういうことを見てしまうとダメになるので、謙虚に頑張ります」

--今後の意気込みを。

「こうやって連敗を止めることが出来ましたし、明日も吉田さんが続いてくれると思う。明日も引き続き、応援よろしくお願いします。ありがとうございました」

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング