野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島黒田が打球に手出し直撃 7球目に緊急事態も続投、和田三振で無失点

広島黒田が打球に手出し直撃 7球目に緊急事態も続投、和田三振で無失点

広島の黒田博樹投手が18日、敵地での中日戦に先発し、7球目にアクシデントに見舞われた。初回、大島を二直、亀澤を右飛に打ち取ったものの、ルナにはレフト前ヒットを浴びて、4番平田を打席に迎えた。

ピッチャー返しに反応、打球が手のひら直撃もピンチ切り抜ける

 広島の黒田博樹投手が18日、敵地での中日戦に先発し、7球目にアクシデントに見舞われた。初回、大島を二直、亀澤を右飛に打ち取ったものの、ルナにはレフト前ヒットを浴びて、4番平田を打席に迎えた。

 その初球、センター前に抜けようかという頭上へのピッチャー返しに対して、右手を出してしまう。ボールは手のひらを直撃。打球が三塁側に転がる間に平田が一塁に到達した。

 その後、投球練習を行ってから、治療のためにベンチ裏へ。しかし、マウンドに戻って再び投球練習を行うと、OKサインを出した。

 2死一、二塁のピンチとなったが、続く和田をカウント2-2からスライダーで空振り三振に仕留め、アクシデントに見舞われた初回を無失点で切り抜けた。

 黒田は打球に右手を出すことがクセとなっているが、ヤンキース時代には「ピッチャーとしては(手を出して怪我をするのは)ダメなんですけど、あそこで(ヒットを防ぐために)手を出さなかったら僕ではないというところもある」と話したこともある。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中