野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローの“超人ぶり”浮き彫りに 41歳以上で6三塁打は1901年以降4人目

イチローの“超人ぶり”浮き彫りに 41歳以上で6三塁打は1901年以降4人目

背番号「51」の最大の見せ場は8回にやってきた。

20150813_ichiro

フェンス直撃の大飛球に「ヤンキースタジアムなら本塁打」

 マーリンズのイチロー外野手(41)が20日(日本時間21日)の本拠地フィリーズ戦で2点リードの8回にライトフェンス直撃の三塁打を放つなど、5打数2安打2得点で今季16度目のマルチ安打をマークした。イチローの三塁打は今季6本目で2012年以来3年ぶり。メジャーで近代野球のルールが定まった1901年以降では、41歳以上の選手がシーズン6三塁打以上をマークしたのは4人目で、イチローの超人ぶりが改めて浮き彫りとなった。

 背番号「51」の最大の見せ場は8回にやってきた。1死走者なしの場面で左腕ローウェンが投じた3球目、91マイル(約147キロ)の速球を捉えると、打球は右翼フェンスを直撃。イチローは快足を飛ばし、三塁に到達した。その後、プラドの犠牲フライで生還。試合終盤に追い上げられていたチームに貴重な追加点をもたらし、9-7の勝利に貢献した。

 イチローの三塁打は試合を中継した地元テレビ局「FOXスポーツ・フロリダ」の実況が「これは約400フィート(約121・9メートル)の三塁打ですね」と評するほどの大飛球で、解説者も392フィート(119・5メートル)のフェンスに直撃した打球に「ヤンキースタジアムなら間違いなく、シアトルでもおそらく入っていましたね」と、右中間が約117・3メートルのヤンキースタジアムや116・1メートルのセーフコ・フィールドを例に出しながら分析した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中