野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神が連敗脱出 梅野、鳥谷がタイムリー&岩田が8回途中1失点で7勝目

阪神が連敗脱出 梅野、鳥谷がタイムリー&岩田が8回途中1失点で7勝目

阪神が21日、京セラドームで行われたDeNA戦に3-2で勝利した。2回に梅野、鳥谷のタイムリーで3得点を挙げ、先発した岩田が8回途中を1失点で7勝目(6敗)を挙げた。これでチームは連敗を「3」で止めた。

巨人戦で喫した連敗を「3」で止める

 阪神が21日、京セラドームで行われたDeNA戦に3-2で勝利した。2回に梅野、鳥谷のタイムリーで3得点を挙げ、先発した岩田が8回途中を1失点で7勝目(6敗)を挙げた。これでチームは連敗を「3」で止めた。

 阪神は2回、DeNA先発砂田から先頭のマートンがセンターへの二塁打で出るなど1死一、二塁とすると、梅野に右中間への2点タイムリー二塁打が生まれ、2-0と先制。さらに鳥谷にもセンター前へのタイムリーが飛び出し、3点差に広げた。

 先発の岩田は4回に梶谷、筒香、ロペスの3連打で1点を失うも、その後DeNA打線に得点を許さず8回途中まで投げ1失点。呉昇桓が1点を失いながらも締め3-2で勝利し、連敗を3で止めた。

 前日までの巨人との3連戦で3連敗し、2位に0・5ゲーム差まで迫られた阪神だったが、この日はDeNAに快勝。先発した岩田に7勝目が付いた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中