野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローが今季17度目マルチ、日米通算4200安打超え マーリンズは敗戦

イチローが今季17度目マルチ、日米通算4200安打超え マーリンズは敗戦

マーリンズのイチロー外野手は21日(日本時間22日)、本拠地でのフィリーズ戦に「2番・ライト」で先発出場し、4打数2安打。今季17度目のマルチ安打で、日米通算4201安打(メジャー2923本、日本1278本)とした。

20150519_ichiro2

2安打で日米通算4201安打、歴代1位のピート・ローズまでは「55」

 マーリンズのイチロー外野手は21日(日本時間22日)、本拠地でのフィリーズ戦に「2番・ライト」で先発出場し、4打数2安打。今季17度目のマルチ安打で、日米通算4201安打(メジャー2923本、日本1278本)とした。マーリンズは1-7で敗れている

 初回、フィリーズの1番打者の痛烈なライナーがいきなりライトに飛ぶ。イチローはジャンプし、グラブを伸ばすと、1度上に弾きながらも、ボールを落とすことなくキャッチ。少しヒヤッとするプレーだったが、無事にアウトにした。

 その裏、1死走者なしで最初の打席に立ち、この試合がメジャーデビューの先発右腕アイクホフの前に右飛に倒れた。さらに、3回は2死三塁で中飛。先制のチャンスを生かせなかった。

 マーリンズは4~6回に計6点を奪われる厳しい展開に。イチローは6回、無死一塁で3度目の打席に立つと、一、二塁間にボールを転がす。快足を飛ばして一塁を駆け抜け、セカンドへの内野安打。これが日米通算4200本目のヒットとなった。無死一、二塁とチャンスを広げたが、後続が倒れて得点は奪えなかった。

 イチローは1-6となった8回も無死一塁で打席へ。2番手ガルシアから今度はレフト前に運ぶ。またも無死一、二塁と好機を作ったが、ここも後続が倒れて無得点に終わった。

 イチローは15日のカージナルス戦で2安打を放ち、メジャー歴代2位のタイ・カッブ(通算4191本)を上回っていた。これで日米通算4201安打として、歴代1位のピート・ローズまでは残り55本。8月に入ってからは、この試合の前まで月間打率3割5分1厘と好調で、順調にヒットを積み重ねている。

 また、これがシーズン78本目のヒット。昨季終了時点で残り156本としていたメジャー通算3000本までは残り78本と、開幕前から半分までつめている。

 しかし、マーリンズはそのまま1-7で敗戦。イチローは4打数2安打で打率2割6分5厘としている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング