野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神岩崎が7回2失点で3勝目 「いいところと悪いところが両方出た」

阪神岩崎が7回2失点で3勝目 「いいところと悪いところが両方出た」

阪神の岩崎優投手が22日、京セラドームでのDeNA戦に先発し、7回2失点。3勝目(5敗)を挙げた。チームは7-2で勝利し、巨人戦3連敗の後に2連勝。大阪の地で息を吹き返した。

阪神甲子園

2回の押し出し四球を悔やんだ岩崎「こういう内容でも勝たせてもらった」

 阪神の岩崎優投手が22日、京セラドームでのDeNA戦に先発し、7回2失点。3勝目(5敗)を挙げた。チームは7-2で勝利し、巨人戦3連敗の後に2連勝。大阪の地で息を吹き返した。

「いつもどおり1イニングずつ抑えていくという気持ちで抑えていきました」

 お立ち台で中5日のマウンドをこう振り返った岩崎。2回に「点の取られ方が悪かった」と、2連打と死球で1死満塁とし、高城に押し出し四球を与えたが、その後をバルディリスの11号ソロのみに抑え、7回を2失点の好投を見せた。

「いいところと悪いところが両方出た。こういう内容でも勝たせてもらったので自分自身乗っていけるようにがんばります」

 得点圏にランナーを置いたのは2回のみだったが、最後までその場面への悔しさをにじませた岩崎。これで今季3勝目(5敗)の左腕は「優勝目指して一つ一つ勝っていけるようにがんばります」と首位キープに貢献する意気込みを見せていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング