野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日本ハム斎藤佑、今季初白星つかめず2敗目 「もう少し粘って投げたかった」

日本ハム斎藤佑、今季初白星つかめず2敗目 「もう少し粘って投げたかった」

日本ハムの斎藤佑樹投手が22日のオリックス戦(東京ドーム)で5回2/3を投げ、9安打3奪三振2四球5失点(自責4)で2敗目を喫した。

日本ハム

6回途中5失点で降板、「最後のホームランの失点はいらなかった」

 日本ハムの斎藤佑樹投手が22日のオリックス戦(東京ドーム)で5回2/3を投げ、9安打3奪三振2四球5失点(自責4)で2敗目を喫した。今季初勝利を目指して臨んだが、0-1で迎えた6回に4失点を喫してマウンドを降りた。日本ハムは1-10で敗れ、連勝は5でストップした。

 プロ5年目で初登板となる東京ドームでの一戦。今季初勝利を目指したが、3回2死三塁から糸井に先制のタイムリーヒットを許すと、5回2死からヒットと四球、さらにパスボールで二、三塁のピンチを招き、山崎勝にタイムリーを浴びて2失点。さらに小谷に2ランを浴びて0-5となったところで、クロッタにマウンドを譲った。

 日本ハムはその裏の攻撃で1点を返したものの、その後も失点を重ねて敗戦。試合前に「球場の狭さを気にしていたら、投球はできない。自分の投球通りにやれればいい」と話していた斎藤佑は今季2敗目を喫し、「最後のホームランの失点はいらなかったですね。相手ピッチャーもずっと投げていたので、もう少し粘って投げたかったです。悔しいですけど、きょうの反省を次回に活かしていくだけです」とコメントした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング