野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【高校野球】甲子園沸かせたドラフト候補の実力は? オコエは「とんでもない選手になる」

プロの目から見る注目選手は? 仙台育英の平沢には「鳥谷クラスを目指してほしい」

 他に野口氏が気になった選手はいるのか。仙台育英で実力を見せつけた平沢大河(3年)も「ドラフト上位」と見ている。ショートの守備と3本塁打をマークした打撃はどちらも魅力的だ。

「平沢くんは守備がうまいなと思って見てました。決勝戦でも、ショートの深い位置から一塁に投げて、ファーストの選手がショートバウンドを取れずに内野安打になったプレーがあったのですが、いい肩してるなと。

 鳥谷クラスを目指してほしいですよね。ドラフト上位、3位までには消えるんじゃないですか。いい素材だと思います。ショートはそう簡単に育たないので」

 そして、捕手出身の野口氏が名前を挙げたのが、早実の主将・加藤雅樹(3年)。注目された清宮と同様、入学時から早実の「スーパー1年生」と騒がれていた4番は、圧倒的な打力を披露。清宮との2者連続ホームランとなった東海大甲府(山梨)戦での特大の一発は圧巻だった。

「彼のバッティングは捨てがたい気がしますね。彼はきっとスケールの大きな選手になりますよ。同じホームランバッターで、キャッチャーということで、森と比較されることもあるかもしれない。早実はピッチャーが良くないと言われる中で、あそこ(準決勝)まで行ったら、リードもプラス評価だと思います」

 さらに、野口氏が「気になる」と表現したのが、敦賀気比のエース右腕・平沼翔太(3年)。「ピッチャーとしてじゃなくて、野手として。彼のバッティングはいいと思います」と評価する。

「間の作り方がいい。ボールの捉え方がいい。そういうのは、なかなか教えて身につくものじゃない。もともと持っているものなので、すごくいいと思います。外野手ではなく、彼がサードあたりを守れたらいいですよね。高卒で1年目はショートだろうが、セカンドだろうが、やらせて鍛えることはできる。1、2年かけてやれば、いい選手になると思います」

 もちろん、岐阜商の右腕・高橋純平を筆頭に、甲子園に出てこなかったチームの中にも、ドラフト上位候補の逸材はいる。ここから何人の選手がプロの世界に飛び込み、1軍に上がり、活躍するのか。この先も目が離せない。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」