野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【高校野球】“甲子園組”だけじゃない 「最強高校ジャパン」注目のドラフト候補たち

U-18(18歳以下)ワールドカップ(28日~9月6日・甲子園、舞洲)で初の世界一を目指し、結成された高校日本代表。この夏に聖地の土を踏めなかったメンバーからも躍動が楽しみな逸材が5人選出されている。

甲子園組以外からもU-18代表に選出、スカウトも「ドラフト1位」と評する逸材は?

 U-18(18歳以下)ワールドカップ(28日~9月6日・甲子園、舞洲)で初の世界一を目指し、結成された高校日本代表。甲子園で優勝投手となった東海大相模・小笠原慎之介、驚異の身体能力を披露した関東第一・オコエ瑠偉外野手、怪物1年生として話題をさらった早実・清宮幸太郎内野手ら、全国から厳選された20人が名を連ねる。

 活躍した記憶の新しい甲子園出場組が話題性では先行してしまうが、この夏に聖地の土を踏めなかったメンバーからも躍動が楽しみな逸材が5人選出されている。その筆頭となるのが、県岐阜商の高橋純平、大分商の森下暢仁の両右腕だろう。

 最速152キロを誇る高橋は、今春の選抜でエースとして8強入り。一躍、今年の高校NO1投手として名を馳せ、プロのスカウトも「ドラフト1位は間違いない。あとは何球団が競合するか」という最大級の評価を下した。

 しかし、この夏は岐阜大会前に左太ももを痛めた影響で先発機会はなし。チームも4強で敗れ、甲子園出場はならなかった。それでも、実績と実力を評価された形で、エースナンバー「18」を背負ってメンバー入り。期待の大きさが見て取れ、プロのスカウトにとっても「どの程度けがが回復しているのか」とドラフト前に状態を測る絶好の舞台になるのは間違いない。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中